ブランド紹介


 SWAMP RAMBLER(スワンプランブラー)は、ヒシやスイレン、ハスなどの水生植物が生い茂る湿地(SWAMP)に潜むライギョを求め歩く(RAMBLER)、ライギョゲーム愛好家による、ライギョゲーム愛好家のために立ち上げた、釣り具のインディーズメーカー/ガレージブランドです。

 

 釣りの醍醐味は、ルアーを目で見て演出しながら魚を誘うトップウォーターの釣りにおいて、魚が水面を割り、ルアーを襲い食いつく瞬間の「水面の炸裂と捕食音」にあると、当ブランドでは考えます。

 GT、マグロ、シイラ、ブリトップでも有名なヒラマサ等の青物、コノシロパターンのシーバス、ブラックバス、ナマズ、テレストリアルパターンの、トラウトのトップゲームなど、突如水柱とともに水面が炸裂し、捕食音が鳴り響く、トップウォーターゲームが楽しめる魚はたくさんいます。

その中でも、当ブランドでは、突然訪れる「水面の炸裂と捕食音」によって、水草が吹き飛び、釣りのシュチュエーションが静から動へと一転し、ドラマチックでスリリングな釣りが楽しめる「ライギョ」を、メインターゲットとしています。

 

 当ブランドの副題「FISHING is an EXPLOSION!」には、かつて、かの岡本 太郎 画伯が残した名言「芸術は爆発だ!」をオマージュし、すべてのアングラー達に、ドラマチックな「水面の炸裂と捕食音」を楽しんでいただきたいと願う気持ちが込められています。

 

 すべてのライギョバカ達の興奮と感動と、明日からの勉強や仕事を頑張れる活力のために、日々の釣りを通して生まれた発明・アイデアを具現化した、オリジナル釣り具を販売してまいります。

屋 号:SWAMP RAMBLER(スワンプランブラー)

代 表:松野 泰明

設 立:2020年11月1日

業 務:主にライギョを対象とした釣り具の企画・設計・製造・販売。

所在地:埼玉県

代表・デザイナー紹介


松野 泰明 / YASUAKI MATSUNO

 

1976年 宮城県仙台市生まれ

 

 

SWAMP RAMBLER 代表/デザイナー

 

amazon著者ページ

 

 

 ・ライギョとの出会い

 ライギョとの運命的な出会いは、小学生の時にテレビで見た釣り番組「とびだせ!つり仲間」で放映(たしか昭和58年前後と記憶)された「宮城県加瀬沼のライギョ釣り編」でのこと。

 夏休みに訪れていた、塩釜市にある祖父母の家から、すぐ近くにある加瀬沼で、水草のジャングルから、こんなにかっこいい魚を釣る、すごいジャンルの釣りがあるのかと、ライギョゲームの世界観と魅力にどっぷりはまり、以来今日に至るまで、ライギョ大好き歴40数年。

 以来、祖父や父に釣りの英才教育を施され、遊園地よりも釣具屋が好きになった釣りキチな子供も、今では、南米ブラジル、アマゾン川まで足を伸ばす、立派な釣りバカに成長。

 釣りのターゲットは、ライギョにとどまらず、管理釣り場でのトラウトでは、「UFMウエダ」「ミッチェル」フィールドテスターにして、「朝霞ガーデン」「フィッシングリゾート上永野」のアドバイザーとして、管理釣場専用ソリッドグラスロッドの銘竿「ガーデンロッド」「FRKロッド」のプロデュースも務めたマイクロスプーナーフィッシングの雄、肥沼 薫 氏に師事。押しかけ弟子となり薫陶を受ける。

 その他ブラックバスやナマズ、海ではシイラ、シーバス、バラムツ、カツオ、マグロ、GTまで釣りのターゲットは多種多彩。

 

・スネイクゲームスプール&スワンプランブラーブランド 誕生秘話

 趣味のライギョ釣行時に、かねてから不満を持っていた、ルアーの飛距離に影響を及ぼす、リールの「スプール」に注目。

 重く回転が鈍いため飛距離が出ない、一般的なアルミ素材の純正スプールに満足できず、航空機にも使用されるハイグレード超々ジュラルミンを素材にした、超軽量スプールを独自設計。自分用に作ろうと、マシニングセンタによる切削業者探しを開始。

 

 しかし、切削業者に何社もオファーをするも、ネックとなったのが「クリックアンドコグ(部品番号19373、23403)」が入る部分につけられている、ギザギザの刻み。

 あの加工ができる業者がなかなか見つからず、どの企業も難色を示す中、あきらめずにオファーをし続けること数十社目にして、ようやく出会えた切削業者の協力を得て、試作開始!

 

 何度も試作を経て、強度を保ちつつ、限界ギリギリ一歩手前までの薄肉化を行い、キャストの際に障害となる、「慣性モーメント」の大幅な低減に成功!

 さらに、スプール軸にブランキングを施すことで、ライギョゲームにありがちな、スプールに巻いたラインの「スリップトラブル」を防止する機能を加えた、初期モデルがようやく完成。

 自分用に作ろうとしたところで、価格の問題が・・・

 

 松野:「自分用だから5個もあればいいんだけど、いくらぐらいになりますか?」

 切削業者:「たった5個だと高いですよ!一個〇万円ぐらいかと。」

 松野:「高いなぁ・・・。リールが買えちゃいますね。ちなみに50個とか100個つくるといくらぐらいでしょう?」

 切削業者:「50個だと〇千円、100個だと〇千円ですね」

 松野:「安っ!単価がそんなに下がるんですか!? でも自分用に欲しいのであって、別に売るために作る訳じゃないから100個もいらないんだよね・・・まてよ・・・。本業(発明学会)で、「自分の発明品で起業をする方法」を指導してたんだった!自分も、釣り具の発明で、副業ができちゃうじゃん!せっかくだから量産して商品化に挑戦してみよう!」

 

 こんな感じで、とんとん拍子で話がすすみ、まずは量産の発注!

 その他、商売を始めるために必要な、ホームページ作成。特許庁への特許、意匠、商標出願。釣具屋さんへの営業。税務署への事業者申請。釣り雑誌各社への宣伝などを行い、副業の一環として設立した、インディーズ釣り具メーカー/ガレージブランド『SWAMP RAMBLER(スワンプランブラー)』の事業で、「発明ビジネス」に挑戦を開始!現在に至ります。